小中高一貫教育・高校全寮制・教育課程特例校 緑豊かな山麓に佇む学校で小中高一貫教育“根本のことを自然な方法で教える”学校法人燈影学園

学校法人 燈影学園

京都市山科区四ノ宮柳山町29

電話: 075-595−3711

お問合せ
  • ホーム
  • 教育方針
  • 歴史
  • 一燈園について
  • 一燈園小学校
  • 一燈園中学校
  • 一燈園高等学校
  • 学舎案内
  • 交通案内

ホーム >  一燈園中学校の特徴

一燈園中学校
一燈園中学校の特徴

小学校が人間教育、しつけ、全人教育に重点を置き、過度の学習に囚われることなく、のびのびとした教育に重点が置かれることに対して、中学校は今後始まる高校・大学、更に職業取得のために知識、知能に重点を移す基礎を習得する3年間と位置づけています。一燈園中学校では他の中学同様、文科省の中学校指導要領に沿いながら学習を進める中で、以下のような他校にない特徴を持っています。

1. 1学年1クラス10名前後の少人数によるきめの細かい教育を行なっています。

2. 毎朝の一燈園礼堂における朝課、昼食時の食作法では常に小学生・高校生と同席し、縱のつながりを大切にしながら礼 儀・作法を身につけます。

3. 英語検定・漢字検定を奨励し、自主学習・自立学習を指導しています。

4. その他一燈園中学校の特徴あるカリキュラム・活動として以下のようなものがあります。

・集中力の向上と右脳の活性化をはかるため、そろばん教育を行ないます(選択)。

・能・謡曲・洋舞・日本舞踊、剣道など、伝統的、総合的な授業を実施しています。

・能・謡曲、洋舞、日本舞踊、珠算、英会話については専門の先生により指導を行います。

・本学独自の行事(人権学習、災害被災地への奉仕活動、一燈園内の作務)、小学校から中学・高 校まで合同で行う行事(運動会、秋の学習発表会、春の学習発表会)を実施しています。

  • 授業風景
  • スキー教室
  • 日本舞踊

▲ページトップへ